平成狸合戦ぽんぽこ怖い都市伝説とは?最後のセリフの意味は?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

ジブリアニメの高畑勲監督といえば火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、おもひでぽろぽろとこの3作品は有名で他にも数々の話題作を世に出しております。

ぽんぽこは多摩ニュータウンを舞台とした狸が化学を駆使して人間に対抗するお話です!

1994年には邦画で26億円を記録するほどの大ヒットを記録しています。

 

スポンサーリンク

 

平成狸合戦ぽんぽこのあらすじ

多摩丘陵に住む狸たちは高度経済成長により多摩ニュータウンの開発で住む場所を追いやられてしまう。

そんななか狸たちは現場で働く人間に対して一部のたぬき達が悪さをする中、長老のたぬきは考えを絞り出し化学(ばけがく)を用いて人間に畏怖をおこさせる作戦に打ってでます。

四国から助っ人の賢人を呼び寄せ大掛かりな妖怪大作戦に打ってでるがそれすらも裏目に出てしまう。

そうこうしている間にも少しずつ町の開発が進みたぬき達の居場所は無くなっていきます。

少し前で言うところのゲゲゲの鬼太郎的な話です・・・

 

▶︎火垂るの墓のあらすじ!節子と清太が亡くなったのは×××のせいだった!

 

平成狸合戦ぽんぽこの都市伝説

有名なアニメや漫画には付き物の都市伝説ですが、平成狸合戦ぽんぽこのモデルは総理達がモデルになっていると言われています。

讃岐のはげ狸:香川の大平元総理

阿波の金長狸:徳島の三木元総理

佐渡島の団三郎:新潟の田中角栄元総理

あくまでも都市伝説なのでどこまでが本当なのか?ということです。

少し前の政治は今に比べて横暴がひどかったと言われています。そのことを皮肉を込めて狸という形で表現しているのではないか?と言われています。

つまり政治は「狸の化かし合い」ということですかね!

 

スポンサーリンク

 

平成狸合戦ぽんぽこの最後のセリフの意味は?

ぽんぽこでは最後にこんなことを言っています。

テレビや何かで言うでしょう?開発が進んでキツネやタヌキが姿を消したと。あれやめてもらえません?そりゃ確かにキツネやタヌキは化けて姿をけせるのもいるけど、ウサギやイタチはどうなるんですか?自分で姿を消せますか?

このセリフです。

これは平成狸合戦ぽんぽこという映画の中で一番伝えた買ったことではないでしょうか?

結局たぬきは人間には勝てませんでした。しかしたぬきは生き抜くために仕方なく人間社会に溶け込み、また化けられないたぬきは残飯を食べいきていくという結末でした。

狸と共存できる街といっても山も緑も少なくなり、人間が生きて行くために犠牲になっているものもあると言うことをわかってもらいたいのではないでしょうか?

 

▶︎おもひでぽろぽろトシオのタエコへの気持ちは×××だった!その後は!?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ