映画ダイハード4.0のあらすじと結末ネタバレ!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

型破りでとにかく豪快な刑事、ジョン・マクレーンをブルース・ウィルスさんが演じられる人気アクション映画第4弾です。

diehard4.0

映画ダイハード4.0のあらすじ

冒頭、ハッカーと思われるテロ組織が現れ、ハッカーのブラックリストを盗み出します。彼らの行動により、FBIでは停電が起こります。

一方、離婚した後も妻や娘、息子のことを気にかけてきたマクレーン刑事。連絡しても音沙汰なしの娘が気になるマクレーン刑事は、車内にいる娘のルーシーを見つけます。

ルーシーは送り途中の男性と一緒で、男性に迫られているところでした。その様子を見たマクレーン刑事はすぐさま車のドアを開け、男性を引きずり出しました。慌てたルーシーがマクレーン刑事を止めますが、マクレーン刑事がルーシーの父だとわかり、男性は混乱します。

男性がルーシーの恋人なのかそうでないのかと、混乱した会話をマクレーン刑事とルーシーは続け、「恋人じゃない男を車から引きずり降ろして悪かった」、とマクレーン刑事は謝りますが、ルーシーは怒ったままで、マクレーン刑事の電話に出なかったこともかけ直さなかったことも受け流し、何とかルーシーと話をしようとするマクレーン刑事に「私から電話する」と言い切り、男性とマクレーン刑事を置いてその場を去るのでした。

一人になったマクレーン刑事のもとにマシューという男性を連行するよう連絡がきます。マシューは警察にマークされたハッカーの一人でした。

マシューのもとへマクレーン刑事は向かい、そこでマシューの自宅が襲撃されます。マクレーンはマシューを救います。襲われたハッカーはマシューだけではなく、他のハッカーも何者かに狙われている状態でした。

スポンサーリンク

▶︎東京喰種のあらすじと感想!実写化はいつ?什造のキャストは?

ダイハード4.0結末のネタバレ

マクレーン刑事がマシューとともに逃げ出し、車に乗ったものの、信号が正しく作動しません。

テロ組織により、信号などの次は金融に影響が出るとマシューはマクレーンに伝えます。

マシューはテロ組織に利用された後に命を狙われていたのでした。そしてマシューはテロ組織が次に狙うのは発電所の停止だと気付きます。

マシューが知るネット界の有名な人物を二人は訪ねることにします。停電した中で、電気がついているのがその人物の自宅ということで、二人はその人物を訪ねることができました。

テロ組織のリーダー、トーマスはハッキングした情報源の個人情報から得た口座のお金を狙っていました。

停電の中、トーマスはルーシーを誘拐し、マクレーンが来るのを待ちます。ルーシー救出にマシューも同行し、そこでマクレーンとトーマスの激しい攻防戦が繰り広げられました。

マクレーンはルーシーを救出します。

▶︎クリーピー映画のあらすじと感想!前川裕原作の小説の結末は×××だった


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ