パイレーツオブカリビアン生命の泉で人魚とキスをした宣教師の男の最後が残酷すぎる

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉!あのジョニーデップが出演する映画パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの第4作目の映画になります。第4作目からは監督がゴア・ヴァービンスキーからロブ・マーシャルへと変わったことでも知られています。

そして生命の泉で特に印象的だったのは人魚の登場ではないでしょうか?一見とても可愛らしい顔の人魚ですが、わたくしたちが知っている人魚と違い人間を襲う表情を見せていました。

そんな人魚に最後に男はキスをされ海の中へと潜っていくのが印象的でした。あらすじと一緒に人魚にキスをされた宣教師フィリップ・スウィフトについて考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉のあらすじ

永遠の命をもたらすと言われる生命の泉を巡る壮絶な戦い!その戦いに巻き込まれていくキャプテン・ジャック・スパロウ。相棒のギプスを助けるべくロンドンにいるジャックは、かつて愛した女海賊のアンジェリカと再会する。アンジェリカの父はもっとも恐れられている海賊黒ひげ。その黒ひげのために永遠の命をもたらすと言われる泉を目指していた。その泉の場所を知るただ一人の人物ジャックはこの泉探しの旅に巻き込まれていくのだった。

 

▶︎ターミネーター3あらすじとネタバレ!映画は失敗だったのか?

 

生命の泉の人魚と宣教師の運命は?

今回の物語で気になるシーンの一つと言えば黒ひげ達に捕らえられた人魚シレーナを愛し救うべく頑張っていた宣教師フィリップが最後にシレーナとキスをして海の中に一緒に潜っていくシーンがありました。あのあと宣教師フィリップはどうなったのでしょうか?

一つは人魚に喰われた説です。神話の生き物人魚は美声により船員の心を惑わせ、船を沈没させていました。伝説では人魚はみんな女で発情期になると人間の男を捕まえ海の中に引きずり込み食べ、子供を産むという伝説があります。これが本当だとしたら宣教師フィリップは食べられている可能性が大いにあります。

もう一つは愛した者にのみ涙を流しキスをして許すという説です。シレーナの他に生命の泉ではタマラという人魚も出てきています。この人魚は小舟に乗っていた人間をキスを誘うような感じで海に引きずり込み食べ様とします。しかしキスをしようとしているだけで厳密にはキスをしていません。宣教師フィリップはシレーナに「許しを乞いました」そしてシレーナはキスをし許します。宣教師フィリップはこのキスにより全てを捨て、愛する人魚とともに生きる事を許されたのではないかという可能性です。宣教師フィリップは大怪我を負っていたのでこれもなんらかの方法で人魚が治しているのではないでしょうか?

個人的にはやはり幸せになっていて欲しいとは思いますが、もしかしたら人魚達の餌になっているかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉の感想

今までのパイレーツ・オブ・カリビアンと大きく違うのはやはりキーラ・ナイトレイやオーランド・ブルームといった今までの名俳優たちが出てこないのは非常に残念な感じがしました。バルボッサは個人的には超好きなので相変わらずいい味を出していました。海賊の世界観は相変わらず半端じゃないクオリティの高さでしたし、ストーリーも結構良かったと思います。捕まった人魚のシレーナがめちゃくちゃ可愛かったです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ