マレフィセントのあらすじ!映画の結末までをネタバレ

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

タイトルのマレフィセントは、オーロラ姫に呪いをかけた妖精の名前です。

maleficent

映画マレフィセントのあらすじ

黒い衣装をまとったアンジェリーナ・ジョリーさんの美しさが際立つ、呪いをかけた妖精側から展開される「眠れる森の美女」が基盤になった物語です。

呪いをかけられる幼い日のオーロラ姫を、アンジェリーナ・ジョリーさんのお子さんが演じられていることでも話題になりました。

人間の王国と妖精の王国が隣接し、対立していた世界。人間の国はヘンリー王が治めていました。

ステファン少年とマレフィセントは、妖精の国で出会います。恋におちた二人は16歳の時に真実の愛のキスを交わしました。

人間の国のヘンリー王は妖精の国を攻めようとしますが、マレフィセントらの攻撃には歯が立たちません。妖精の国を支配したいヘンリー王は、マレフィセントを倒した者への褒美として、王女との結婚、次期王の座を約束します。

ステファンはマレフィセントを騙し、その翼を奪います。ステファンは王の約束通り、王女と結婚し、次期王となりました。

翼を失い、傷ついたマレフィセントはカラスのディアヴァルの協力のもと、ステファンの治める人間の国に偵察に向かわせます。

ステファンに王女が誕生したことを知ったマレフィセントは、パーティーの開かれるお城へディアヴァルとともに向かいました。

緑鮮やかな広大な敷地に建つ立派なお城には、多くの人がお祝いに駆けつけます。三人の妖精がそれぞれの贈り物を捧げている時、周囲の灯りが消え、マレフィセントが登場します。

動揺する王の前で、マレフィセントは王女へ「美しく優しい娘に育ち、あらゆる人から愛される」と贈り物をした後に、「16回目の誕生日の日が沈む前に糸車の針で指を刺すだろう。そして死んだように眠りにつく」と呪いをかけます。

王が皆の前で跪いてやめるように頼み、マレフィセントは「王女を死の眠りから目覚めさせることができるのは真実の愛のキス」だとつけ加えます。

かつてステファンと交わした真実の愛のキスが、偽られてしまったことを知っていての言葉でした。

スポンサーリンク

▶︎映画ダイハード4.0のあらすじと結末ネタバレ!

映画マレフィセント結末までをネタバレ

ステファン王はオーロラ姫を三人の妖精に守らせます。

しかし、頼りない妖精たちを見兼ね、マレフィセントは時にオーロラ姫を救い、ずっとその成長を見守り、オーロラ姫もその存在に気付いていたのでした。

マレフィセントの呪い通り、オーロラ姫は眠りにおちます。オーロラ姫に出会った王子のキスでも呪いは解けませんが、オーロラ姫を見守り続けるというマレフィセントの額へのキスで呪いは解けました。

翼はマレフィセントに戻り、その後オーロラ姫は人間の国と妖精の国の女王になります。

▶︎映画ゼロ・グラビティのあらすじとネタバレ!最後の結末は?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ