アイアムアヒーローのあらすじと感想!主演キャストの大泉洋の再現度が話題!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

iamahero

今年中に公開されるかと話題になっていた映画、『アイアムアヒーロー』。2016年4月23日に公開されることが決まりました。原作は、花沢健吾の漫画『アイアムアヒーロー』。

漫画誌『ビッグコミックスピリッツ』で2009年から連載が続いている人気作品です。公開が待ちきれないという方に、あらすじと映画の最新情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

アイアムアヒーローのあらすじ!ダメ男が生き抜く力を培っていく

主人公、鈴木英雄は、35歳。職業、漫画家のアシスタント。実は、漫画家として一応デビューした経験があります。ただし、デビュー作は、連載開始後、わずか半年で打ち切られるありさま。借金を背負い、アシスタントとして生活しながら、再デビューを目指してネームを描いては出版社に持ち込む日々が続いています。そうした生活がかれこれ3年。

出版社には相手にされず、職場の人間関係もうまくいかず、夜になれば、何者かに忍び寄られる妄想にとりつかれ、朝方までまんじりともしない毎日。救いは恋人のはずですが、恋人との関係さえも、英雄にとっては負担になっています。というのも、恋人の元カレは、売れっ子の漫画家。何かにつけ、元カレを引き合いに出す彼女には、安らげません。

折しも、社会では、不穏な兆候を示す出来事が続いていました。嚙みつき事件が全国各地で多発。街には警官の数が増えていき、厚労相が入院した病院では銃撃戦が展開されるありさま。そうしたニュースに無関心だった英雄ですが、ついに英雄の周辺にも異変が生じます。

食人鬼と化した人々、彼らに噛みつかれて感染者となる人々。次々と増えていくZQN(ズキュン)。射撃を趣味としていた英雄は、銃を手にしますが、街中で銃を抜くことができません。逃げ惑ううちに、英雄は女子高生の比呂美と出会い、行動を共にするようになります。英雄は、比呂美を守るために発砲を厭わなくなりますが、比呂美は乳幼児ZQNに噛まれてしまい…。

比呂美は英雄を襲うのか?英雄は生き抜くことができるのか?パニックムービーでありながら、ダメ男が成長していく姿を描き、今の社会で生きるということがどのようなものかを掘り下げていく作品です。

 

スポンサーリンク

▶︎映画エヴェレスト神々の山嶺のあらすじと感想!ロケ地はエヴェレストなのか?

 

シッチェス映画祭で2冠!大泉洋の再現度が話題!

メガホンをとったのは、『GANTZ』などの特撮映画で有名な佐藤信介監督。脚本、野木亜紀子。特撮担当、神谷誠。主演は大泉洋。女子高生、比呂美を、人気上昇中の若手女優の有村架純。ZQNに立ち向かう看護師の藪を長澤まさみが演じます。

本作品、すでに完成し、この秋には、第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭に参加。シッチェス・カタロニア国際映画祭といえば、ホラーやファンタジー作品に重点を置いた映画祭として有名です。『アイアムアヒーロー』は、コンペティション部門にて、観客賞と最優秀特別効果賞を受賞しました。

海外で高く評価された『アイアムアヒーロー』。11月30日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』でビジュアルが公開されました。公開されたのは、英雄を演じる大泉洋が散弾銃を構えた姿。『アイアムアヒーロー』の表紙から抜け出たような姿に、原作ファンも息をのむほど。

さえない中年男がしっかり再現されています。構えた散弾銃は、誰のために発砲するのか?ヒーローとして生まれついたわけではないダメ男が、パンデミックの中、成長して「ヒーロー」になっていく。大泉洋は、原作の英雄を忠実に再現しつつ、生身の人間の弱さと強さをしっかりと表現してくれるものと期待できます。

▶︎海難1890のあらすじや感想は?海外の反応トルコの人はどう評価するのか?

 

映画アイアムアヒーローの感想

しばらくお待ち下さい

 

▶︎杉原千畝 スギハラチウネ 海外の反応は?子映画のあらすじや感想!


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ