グラスホッパー映画の年齢制限と過激なあらすじとネタバレ!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

伊坂幸太郎さん原作のグラスホッパーが11月7日に公開ですね!伊坂さんの本は本当に面白いので映画も非常に楽しみですよ!出演している人も豪華!生田斗真さん、浅野忠信さん、山田涼介さんの共演!そして内容から年齢制限がPG-12のようですね!12歳未満の方は親同伴です!内容がちょっと過激ですから仕方ありません。

ではそんな問題作のグラスホッパーってどんな映画なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

映画グラスホッパーのあらすじ

押し屋と呼ばる「ころし屋」をめぐり自分の恋人を失った元教師・鈴木と「自さつ」専門のころし屋・鯨、そしてナイフの天才でもあるころし屋蝉の三人の男が交差するサスペンス映画!

鈴木の恋人は意図的に仕組まれた事件により命を落としてしまう。鈴木は自分の恋人が亡くなった事で復習に燃える。恋人の命を奪った男は裏稼業を営む父親の下、罪に問われることもなかった。復讐に燃える鈴木はあえてその男の父親が経営する会社「フロイライン」に入社する。しかし会社の方からは鈴木の目的は見透かされており、教育係りよりテストを受けることになる。

そのテストの直前妻の命を奪ったひき逃げ犯の男が鈴木の前で車に轢かれてしまう。鈴木は男の背中を押した「押し屋」と呼ばれる男を追跡することになる。そこで見たのは「押し屋」が家族と団欒する風景だった。

 

スポンサーリンク

 

▶︎アンフェアTHE Endの黒幕は山路それとも薫ちゃん?ネタバレ予想考案!観覧注意です!

 

映画グラスホッパーのネタバレ

一応小説のネタバレなので気になる人は観覧しないでください。妻の命を奪った男がフロイラインの寺原社長の息子であることが判明するがもみ消されてしまい、鈴木は入社し復習を試みるも鈴木の思惑は全て見透かされていた。

しかしある日鈴木の前で寺原の息子は押し屋により車に轢かれて命を落とします。鈴木は寺原の息子の命を奪った男を追いかけます。そこで見たのは押し屋の家族でした。鈴木は押し屋を確認するため家庭教師と名乗り、押し屋と接触します。押し屋は槿と名乗り職業をシステムエンジニアと言います。

このことを会社に報告しようか悩みます。結局鈴木は拉致監禁されてしまい拷問を受けそうになった所をナイフの使い手の蝉に救われます。

一方ターゲットを「自さつ」で命を奪うころし屋の鯨は、梶という衆議院に秘書の命を奪うようにと依頼されます。無事に依頼を遂行した鯨は小心者の梶は鯨の裏切りに怯え新たなころし屋を回凱旋します。

そして鯨は蝉と対峙することになります。蝉を倒した鯨は鈴木の元に向かいます。しかし鈴木は姿を消していました。なんと槿によって救出されたのです。

槿は自分たちの事を鈴木に話します。家族は本当の家族ではなく、裏の家業の人間で自分たちは「劇団」という組織の委員であり、敵対するフロイラインの寺原の始末をしようとしていることを。

そして「劇団」は寺原を毒により倒し、側近の比与子も押し屋により電車にはねられます。蝉を倒した鯨も過去の亡霊に苦しみ最後はライトバンにはねられてしまいます。

全て終わった鈴木は塾の講師として広島で再出発をします。電車を待つ鈴木の反対のホームには「押し屋」の子供たちいます。手を振ろうとした時電車が来て子供の姿が見えなくなります。

 

▶︎映画みんな!エスパーだよ!夏帆の降板理由は×××だった!


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ