映画・信長協奏曲のあらすじ・ネタバレと感想!秀吉が敵は本能寺にあり!?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

odanobunaga

小栗旬さん主演でドラマ化された信長協奏曲が、映画として登場!一体どのような話になるのか?非常に楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

映画・信長協奏曲のあらすじ

ドラマ信長協奏曲ドラマ信長協奏曲では、ポイントとなる戦や出会いというが幾つも登場しました。しかしドラマだけでは、物語は完結を迎えませんでした・・・

信長協奏曲は、勉強が苦手なサブローが戦国時代にタイムスリップし、織田信長と出会う。そしてサブローを見た信長は自分に瓜二つだと知り、自分に変わって信長として生きて欲しいと願いです。

サブローは、この願いを聞き入れ織田信長として生きて行く。しかし歴史の教科書をみると信長が亡くなった後、1582年(天正10年)に、羽芝秀吉が明智光秀を討ち・・・というのをみてしまう。

サブローは歴史に逆らい、平和な世を目指す。そして信長は愛する帰蝶と二人強く抱き合う。

一方の本物の信長はというと、頭巾で顔を隠し、サブローの側近、明智光秀として支えていく決意をする。そんな信長に不穏の影が。

「敵は本能寺にあり!」そう叫ぶのは、武将明智光秀ではなく、羽柴秀吉だった。少しずつ歴史が変わり始めていく。

 

スポンサーリンク

▶︎orange映画のあらすじやネタバレ!漫画の完結は×××だった!キャストのまとめ

 

映画・信長協奏曲の見所は!?

本当の歴史では、「敵は本能寺にあり」この名言を残したは、あの武将明智光秀その人だが、サブローが未来からやって来た事が原因なのか?少しずつ時代が変わっていく。

「敵は本能寺にあり」と叫ぶのは明智光秀ではなく、羽柴秀吉だった。なぜ秀吉がそのような事を叫んでいたのか?

実在の織田信長は、本能寺の変で自害したとも言われています。しかし元家臣だった明智筆秀の命により、兵士達が遺体を探しても一向に見つからなかったと言われています。

ここが歴史と原作との微妙な関係性として、結びつくのかと思われます。織田信長は、未来から来た人で本能寺の変で自分の時代に帰ったのだと・・・

そうなってくると、織田信長に反旗をひるがえすのは、明智光秀ですが、「敵は本能寺にあり」と叫ぶのは羽柴秀吉・・・この時代のズレをどうやって元に戻して行くのでしょうか?楽しみです。

▶︎海難1890のあらすじや感想は?海外の反応トルコの人はどう評価するのか?

 

映画・信長協奏曲の感想

ドラマから映画になると大抵が駄作になるのが多かったけど、信長協奏曲は期待を裏切らないラストでした!ドラマで終わらせてよかったんじゃないのか?と思ったけど、映画に行って正解だったなって久しぶりに思いました。

結構泣いている人も多かったから、涙もろい人はハンカチは必要かも!?

 

▶︎007スペクターのあらすじネタバレと感想!ボンドガールや大破した車の値段は億越え!?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ