映画四月は君の嘘のあらすじと感想!かをりの病気は何?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

映画四月は君の嘘のあらすじ!

公生はピアノの神童として、音楽の世界では幼い頃より有名な存在でした。母の厳しい指導を受け、譜面を正確に弾きこなす練習を積む公生は、実力とともにその特訓も周知のことでした。

4gatsunouso

しかし、母が他界した11歳の時にコンクールでの演奏中、ピアノの音が聞こえなくなり、それ以来音楽の世界からは遠ざかっていました。

ただし、演奏をする以外での問題はなく、学校では新譜を起こして譜面に書いていくアルバイトなどをし、放課後はよく音楽室にいます。

そんな公生を気にかけるのが隣の家に住む幼馴染の椿でした。椿はソフトボール部でたびたびボールを音楽室に飛ばしてしまい、ガラスを割ります。割れたガラスに手を伸ばして片付けようとする公生を止める椿は、また公生にピアノを始めてほしいと願っていました。

公生、椿と仲がいいのがサッカー部の亮太です。椿は友達のかをりに亮太を紹介してほしいと頼まれ、公生を含めた四人で会う約束をします。かをりはヴァイオリニストで、その日はかをりのコンクールがある日でした。

コンクールがあることを椿は知っていましたが、わざと公生にそれを伝えていませんでした。断る隙を与えずに、公生をコンクールの会場に連れて行きたいという思いがあったのです。

独創的なかをりの演奏は観客を魅了し、聴衆推薦で一次予選を突破します。しかし、かをりはそうした結果に特にこだわっていない様子でした。「友人A」としてかをりを見守る公生でしたが、かをりはこの日の感想を公生に求めます。

二次予選での伴奏をかをりは公生に頼みます。以前お店で女の子と一緒にピアノを弾いた時、公生は自分の音が聞こえなくなり、楽しい演奏を途中でやめたことがありました。かをりはそれを承知の上で、公生に伴奏を涙ながらに頼みます。

かつての母の譜面どおりという言葉に縛られる公生の目を見つめ、コンクールに臨むかをりに公生は「君は自由そのものだ」と言いますが、かをりは「違うよ。音楽が自由なんだよ」と笑いかけます。

演奏の最中、公生は一度伴奏を続行できなくなり、かをりは伴奏なしで演奏を続けますが、途中で演奏をやめ、公生を振り返ります。公生の中に幼い頃、笑顔でピアノを教えてくれた母が甦ります。再び演奏しはじめた二人は、そこで最高の音楽を奏で、聴衆を沸かせます。

再び公生を音楽の世界へ連れ出したかをりでしたが……。

スポンサーリンク

▶︎映画・青空エールのあらすじと感想!モデルとなった白石高校の実力は?

四月は君の嘘!かをりの病気は何?

作品内のかをりの描写から、かをりの病気については推測されそうなところは見られますが、病名については明かされていないようです。

▶︎映画にがくてあまいのあらすじや感想!実写のキャストは?

四月は君の嘘!かをりの感想

しばらくお待ち下さい

▶︎忍びの国が映画化!原作のあらすじや感想?大野智の役所は?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ