土竜の唄 潜入捜査官REIJI映画の続編は?あらすじと感想

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

reiji

高橋のぼるの人気コミック『土竜の唄』。2014年に実写化されました。監督、三池崇史。脚本は、宮藤官九郎。主演、生田斗真。2014年2月15日公開で、上半期の話題をさらった映画です。

続編を望む声が上がる昨今、映画のあらすじと続編への期待をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

土竜の唄・落ちこぼれ巡査が潜入捜査官になる

菊川怜二は、警察署内で有名な落ちこぼれ。ただし、正義感は人一倍強い青年。そんな菊川は、ある日、懲戒免職になる…というのは、表向きの処置。

実は、モグラになることを命じられたのでした。モグラとは、潜入捜査官のこと。任務は、数寄矢会の会長、轟周宝を逮捕するため、轟に近づくこと。数寄矢会と言えば、関東一の武闘派広域暴力団。組員数は8000人。

覚悟を決めた菊川は、闇カジノの「虎ジャガー」に潜り込み、1人の暴力団員と親しくなります。男の名は、日浦匡也。数寄矢会の傘下の阿湖義若頭でした。日浦は菊川の男気に惚れ込み、2人は義兄弟の契りを交わします。そして、組長の阿湖とも親子盃を取り交わします。

ヤクザとして頭角を現していく菊川。しかし、数寄矢会内部では激しい権力闘争が巻き起こり、関東進出を狙う蜂乃巣会との抗争も勃発します。菊川はピンチに陥ります。果たして、菊川は任務を全うすることができるのか?

▶︎海難1890のあらすじや感想は?海外の反応トルコの人はどう評価するのか?

 

土竜の唄 潜入捜査官REIJI映画の感想

宮藤官九郎さんが脚本を務めたせいもあり、コメディ要素もかなり入っており、見やすかった。生田斗真が幅広い演技が結構できるんだ?と逆に驚きでもありました。

若干現実味(足が義足とか)と掛け離れる所もありましたが、登場人物は原作に結構似ているのでは?と感じました。山田孝之の月原の役がいいですね。

山田孝之さんが演じるアクが強い役は、毎回バッチリはまっています。

 

スポンサーリンク

 

土竜の唄 続編パート2には外伝というのもあり⁈

スピード感あふれるアクションと堪えきれない笑いで人気を博した実写版。冒頭、全裸で車のボンネットに縛り付けられた生田扮する菊川が、街を疾走するシーン。唖然とした次の瞬間には笑いが弾け、掴みは十分。全編に三池監督の遊び心が感じられる映画で、公開直後から、パート2を望む声が上がっていました。

主演の生田も、試写会でパート2への意欲を問われると、即座に「もちろん。」と答え、「金髪に髪を上げてヒョウ柄のスーツに身を包めば、すぐに菊川玲二に戻れる」と語っていました。原作では、上海で巨大な虎と戦うことになっており、「奇跡的にパート2があれば、トラと戦います」とキッパリ。生田ファンにとっては、ハラハラしながらも期待するところでしょう。

また、パート2での期待が高まっているのが、日浦を演じた堤真一。面白い上にかっこいい演技を完璧にこなし、男の美学を表現したと好評です。

コミックでも、日浦を主人公とする『土竜の唄外伝 狂蝶の舞~パピヨンダンス~』が高い評価を得ています。日浦がどのようにしてヤクザの世界に入ったのか?なぜ、麻薬取引に反対するのか?どうして蝶が好きなのか?菊川も心底惚れた日浦の秘密が明かされるスピンオフ作品です。名作の続編として、スピンオフ作品で新しい味わいを出すというのは、しばしば用いられる手法でもあります。

続編があってもおかしくない終わり方をすることが少なくない三池監督。パート2に着手するとしたら、外伝というのもあり得る選択肢かもしれません。

▶︎ピンクとグレーのあらすじ・ネタバレと感想!加藤シゲアキ小説の評価は?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ