失楽園 映画のあらすじ!最後の結末までをネタバレ!今だとTVでは放送できないでしょう・・・

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

先日亡くなった川島なお美さんの代表作といえば渡辺淳一先生原作の「失楽園」が有名ではないでしょうか?川島なお美さんのはTV版でしたが当時私も幼いながら失楽園の特集があると気になり親の目を気にしながら横目で見ていたものです・・・

今回は映画版の失楽園のあらすじです!

 

スポンサーリンク

 

失楽園のあらすじ

出版社に勤務する久木は優秀な編集マン。ある日久木に編集から調査室への異動を命じられる。仕事へのやりがいを失った久木は、友人の衣川が働くカルチャーセンターで書道の講師を勤める凛子という人妻と出会う。久木は既婚者という立場を忘れ凛子の魅力に惹かれていく。

仕事への情熱を失った久木は凛子に情熱を燃やすよになり、猛烈なアタックを開始します。半ば強引な久木に戸惑いながらも少しずつ久木に好意を抱く凛子は、いつしか愛し合うようになります。

そして二人は肉体を求めあう度により情熱的になっていくのでした。だんだんとエスカレートして行き、ある日凛子の養父が亡くなった通夜の晩、久木は凛子を求めます。二人はホテルで密会し負い目からか普段より燃え上がるのでした。久木は凛子との密会するために都内二人だけの秘密のマンションを借ります。

しかしそれも凛子の夫・晴彦、そして久木の妻・文枝にバレてしまいます。文枝は離婚を決意しますが、凛子の夫・晴彦はあえて凛子との離婚を拒みます。後日久木の会社には晴彦からの告発文が届き久木は会社を辞める事になります。

久木は文枝と別れ、凛子も晴彦の元を離れます。そして二人は凛子の願いでもある「至高の愛の瞬間のまま命を絶つ」事を決行するのでした!温泉宿でお互いを求め、毒の入ったワインを口にします。二人の亡骸は局部が結合した状態のまま発見されるのでした・・・

 

スポンサーリンク

▶︎映画みんな!エスパーだよ!夏帆の降板理由は×××だった!

 

失楽園の感想

失楽園の映画・ドラマが放送された時に失楽園ブームなんていうのが流行ったのを子供ながらにうっすらと覚えています。この映画を観て感じるのは、不倫をして果たして幸せになれるのか?という所です。

久木と凛子はお互い結婚をしている立場から出会いお互いを求めるようになりましたが、これは不倫だから燃え上がる愛とも考えられます。実際最後に二人は自らの命を絶つという選択肢を選んだ事からもやはり不倫では幸せになるのはなかなか難しいことだというのがわかります。

ともあれドラマになりますが川島なお美さんの演技は妖艶だったというのが、記憶に残っています。

 

▶︎アンフェアTHE Endの黒幕は山路それとも薫ちゃん?ネタバレ予想考案!観覧注意です!


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ