忍びの国が映画化!原作のあらすじや感想?大野智の役所は?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

忍びの国の原作のあらすじ

1576年、織田信長の次男信雄は婿入りした、伊勢国の戦国大名北畠具教を討つため三瀬御所に入ります。

oonosatoshi

この様子を天井裏で忍びの文吾(後の石川五右衛門)が見ていました。

信雄の妻である具教の六女凛は、信雄が具教を討ちに来ることを知り、先回りをして具教のもとへ来ますが、具教は秘蔵の名器である茶入れの小茄子を凛に託し、信雄を迎える覚悟があることを話すのでした。

信雄の引き連れて来たのは、もとは北畠家の家臣であった佐京亮、大膳、柘植の三人でした。

覚悟を決めて信雄を待つ具教でしたが、武士としての力量は高く、左京亮が追い詰められた状況を察した大膳が具教を攻め、具教は大膳にとどめを刺すように命じますが、大膳はそれに従えません。その時後ろから手裏剣により、具教は息を引き取ります。手裏剣を投げたのは柘植でした。

父信長の命を果たせた、と信雄が思った頃、信長が直接伊勢国へ入ったことを知ります。信長により北畠の次男、三男をはじめ多くの北畠一族が、信雄が具教を討った日になくなります。

北畠での一部始終を見ていた文吾は連れの忍びとともに退散しますが、信長軍に見つかります。追手を交わして逃げる中、信長の命により大膳は弓で二人を討つことになります。大膳の腕により、文吾の連れが足を怪我します。肩を貸してくれと懇願する連れを、文吾は笑って置き去りにします。それが伊賀者にとっての「常識」でした。

一方、伊賀の国では小さな戦いが日常的に繰り返されていました。下山家と百地家が戦い、下山家の長男平兵衛はそうした戦いに疑問を抱き、人をあやめることにも肯定的ではありませんでした。戦国時代の伊賀では、平兵衛は変わりもの、といった見方がされていました。腕の立つ平兵衛の弟の次郎兵衛に、敵をむやみにあやめてはならないと諭しますが、次郎兵衛は聞き入れません。

スポンサーリンク

文吾は百地三太夫のもとへ行き、北畠具教が討たれた旨を報告します。三太夫は「十二家評定衆」への「参集」を命じます。

腕がよいもののなまけものである無門は、三太夫に次郎兵衛を討つよう命じられ、「百文」まで値を釣り上げられて了承しました。

次郎兵衛が無門により討たれ、悲しみに暮れる平兵衛でしたが、父の次郎兵衛を「下人」と同等とみなし、鐘の合図とともに戦いをやめ、「十二家評定衆」により、平楽寺へ向かう態度に激しい怒りを覚えます。

→映画・青空エールのあらすじと感想!モデルとなった白石高校の実力は?

忍びの国での大野智の役所

大野智さんは、腕がよいがなまけものの無門を演じられます。凄腕の無門ですが、美しい妻お国には言われるがままの状態です。

大野智さんの戦国時代のアクションにも注目です。

→映画にがくてあまいのあらすじや感想!実写のキャストは?

映画・忍びの国の感想

しばらくお待ち下さい

→東京喰種のあらすじと感想!実写化はいつ?什造のキャストは?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ