映画・怒りのあらすじネタバレ!犯人は?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

映画・怒りのあらすじ

物語は八王子で起こった事件から始まります。

戸建ての住宅に住んでいる尾木夫妻が何者かの手により命を奪われます。

ikari

この日妻は勤務先から電車、バスを乗り継ぎ、食料品を購入して夕方帰宅しました。

妻は帰宅した後に犯人に襲われます。

室内にはおびただしい血痕がありました。

夫も都心の勤め先から帰宅し、玄関に入った直後に襲われた痕跡がありました。

締め切った室内で犯人は数時間を過ごし、尾木家の食料も食べていたようです。

尾木家から犯人が出てくる際に、近所の人が犯人を見ていました。

事件が明るみになり、事件現場となった尾木家から血で書かれた「怒」の文字が残されていました。

犯人は立川に在住の「山神一也」と判明します。

しかし、事件から一年経った後にも犯人逮捕には至っていません。

山神一也の写真は事件後に公開されましたが、山神が手術で顔を変えていたことがわかります。

一方、それぞれの場で生活する人々に焦点が当てられます。

千葉で魚師をしている洋平は、東京へ娘の愛子を迎えに行きます。

愛子は家出をした後に、歌舞伎町で望まない勤務を続けていたところをNPOに保護されていました。

愛子の噂が広がる町で、洋平は愛子を心配しつつ何もしてやれない現実をもどかしく思っていました。

そんな町に田代という男性がやって来て、洋平のもとで働きはじめ、愛子に好意を寄せるようになります。

東京都心のサウナで優馬は直人という男性と出会います。

お互いに同性愛者であった二人は親しくなり、住まいのない直人を優馬は自宅に住まわせます。

直人は優馬の母を見舞うようになります。

沖縄では、母の男性問題により引っ越してきた泉が田中という男性と出会います。

田中はあちこちを放蕩してきたようでした。

泉は民宿を営む家の息子辰哉と親しくなります。

スポンサーリンク

▶︎映画四月は君の嘘のあらすじと感想!かをりの病気は何?

映画「怒り」の犯人をネタバレ

田代は借金を作り追われている身でした。

愛子は田代を探すために東京へ向かいます。

その後洋平は愛子からの電話で田代が見つかったこと、田代を連れて帰ることを伝えられます。

直人が優馬の前から姿を消した後、警察からの連絡で、優馬は直人が公園でなくなっていたこと、身よりがなく、病により仕事を続けられず貯金で身を立てていたことを知ります。

優馬は他界した母とともに直人を家のお墓に埋葬します。

田中が事件の犯人であることを警察は突き止めます。

しかし、未遂に終わったものの泉が巻き込まれた事件の際に助けたと思われた、田中の本性を知った辰哉が田中の命を奪った後でした。

泉は辰哉のために事件のことを警察に話した後に沖縄を離れます。

辰哉から泉に送られてきた手紙には、自ら犯した事件に泉は関係ない旨が記されていました。

▶︎忍びの国が映画化!原作のあらすじや感想?大野智の役所は?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ