杉原千畝 スギハラチウネ 海外の反応は?子映画のあらすじや感想!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

Dome of the Rock, Temple Mount, Jerusalem, Israel

ビザを発行し6000人の命を救ったとされる杉原千畝。映画では唐沢寿明さんが演じ、その妻・杉原幸子を小雪さんが演じます。6000人の命を救った杉原千畝とは一体どのような人なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

杉原千畝 海外の反応は?

杉原千畝は第二次世界対戦中にリトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害により逃げてきた人のために、6000枚ものビザを書いたと言われています。

それは移動中の電車の中でも書き続けたと言われ、日本のシンドラーとも言われるほどでした。この6000枚のビザにより6000名近い人の命が救われたのです。

この杉原千畝の行動に、我々は、

人類の歴史上、最も残酷な時期に人間らしさを見せた男をきちんと称えることになるだろう。

私は日本で彼のことを人々にずっと語り回っているよ。ユダヤ人の兄弟たちに平和を!

素晴らしい!
同じように最善を尽くすために命令に背いた役人たちがもっといたはずだ。
ユダヤ人と異邦人のすべてに平和を。

といった声があがった!

しかし杉原千畝は6000枚のビザを書いたことにより、キャリアは台無しになったとも言われる。この理由は、当時の日本政府は亡命を求める難民にシカトをするようにと杉原千畝に命令をしていたからだ。

しかし杉原千畝はこのビザの発行により、在オーストリア・中華民国領事の何鳳山や在ボルドー・ポルトガル領事のアリスティデス・デ・ソウザ・メンデスらと共に、諸国民の中の正義の人に認定されることになる。

▶︎映画ヒーローマニア-生活-のあらすじや感想!原作の漫画のネタバレは!?

 

杉原千畝 スギハラチウネの映画のあらすじ

激しく時代が変わる中、第二次世界大戦の最中リトアニアで、一人の外交官がスパイとしてロシアやドイツの情報を収集していた。

外交官の名は杉原千畝(スギハラチウネ)。杉原の任務はロシアやドイツの情報を日本に流す事、そんな杉原の元にユダヤの難民が押し寄せてきます。

杉原の元を訪れたユダヤ難民は、オランダ・キュラソー島に渡るために、日本のビザを求めてきたのです。あまりの人数に自分だけでビザを発行することは出来ないため、日本に連絡して改めて返事をする事を告げ、しばらく待ってもらうようにと頭を下げます。

しかし日本政府は、杉原の要請を却下し、ビザの発行を許可しませんでした。

理由はドイツと同盟関係にあったからです。ドイツは、当時ユダヤ人の迫害をしていました。日本がビザを出す事を認めてしまうと、ドイツを裏切る形になるからです。

そこで杉原は独断でビザを発行し続けます。

 

スポンサーリンク

▶︎ライチ光クラブ映画のあらすじ・ネタバレと感想!キャストの配役もかなり良い?

 

杉原千畝の子供達は?

6000人ものビザを発行し続けた杉原を支えていたのは、妻の幸子でした。今でこそ杉原の功績は讃えられていますが、当時は命令違反となり、外交官というキャリアを追われることになります。

そんな杉原の真実を知り支えていたのが、妻の幸子さんだったのです。戦争が終焉して1991年に杉原さんの名誉は回復し、当時の外務政務次官だった鈴木宗男さんより、謝罪と感謝が述べらています。

杉原さんと幸子さんの間には、4人の子供があり、長男の弘樹さんは翻訳家として活躍し、「六千人の命のビザ」を翻訳し、世界に真実を広めました。次男の千暁さんは、ロサンゼルス総領事、日本領事館に招待を受け、四男の伸夫さんは、2000年に国際シオニスト婦人団体WIZOから人道賞を授与されマイアミ市民権を得て、同年に幸子さんと一緒に国立ワシントンホロコースト博物開館式に招待、2014年にはリトアニア大統領の感謝式に参列しています。

▶︎ピンクとグレーのあらすじ・ネタバレと感想!加藤シゲアキ小説の評価は?

 

杉原千畝 スギハラチウネの映画の感想

唐沢寿明さんと小雪さんが連日TVに出まくっていたので、気になって思わず観に行ってしまいました。外交官=スパイという印象が凄い強かったけど、全然違かった。

昔の日本の姿もリアルに表現されていた気がしました。印象に残ったのは、濱田岳さん演じる元ジャパン・ツーリスト・ビューロー職員・大迫辰雄さん。浜田さんの役者レベルが凄いのか、非常に印象に残りました!

 

▶︎僕だけがいない街のあらすじネタバレ、映画の感想!真犯人は×××!?


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ