武士の一分の感想!映画のキャストが良かったのと木村拓哉さんの演技が素晴らしい!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

キヨミの感想

 

山田洋次監督と言えば、

寅さんのイメージがかなり定着しているので、

他の作品が少し注目を集めづらい

常況にあるかと思いますが、

そんな中私が好きな作品は、

武士の一分です。

 

スポンサーリンク

 

出演されている、

俳優陣が個人的に好きなのも大きいですが、

木村拓哉さんと、

檀れいさんはぴったり

作品のイメージはまっていて、

素晴らしいキャスティングだったと思います。

 

その時代背景の絶対的な上下関係と、

その中で失明してまった

武士の人生をリアルに描いてあって、

その中で、主人公に対する感受移入していまい、

時折憤りを感じるシーンも

多々あってすごく良かったです。

 

この映画の評価すべき点は、

まずはこの時代で

失明してしまった

武士を題材にしたストーリーと、

木村拓哉さんの見事に演じきった

演技力だと個人的には思っています。

 

他のキャスティングの方も

それぞれの役柄を

しっかりと演じてらっしゃいましたが、

その中でもピカイチの演技を

見せていたのは檀れいさんだったと思います。

 

夫の事を愛して献身的につくす姿は

見ている人の胸を打ったのではと思います。

 

スポンサーリンク

 

そんな中での不貞を起こし、

それが果たし合いにまで発展していく様は

とても目が離せずに、

集中して見入ってしまっていました。

 

ストーリーとしては、

なんとも歯がゆい、

切ないストリートであり、

人間の感情の移変わりの豊かな映画だったと思います。

 

その中に武士としての生き様や、

凄まじい信念を感じるかっこよい映画でもありました。

 

自信を持って進められる作品の一つです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ