海難1890のあらすじや感想は?海外の反応トルコの人はどう評価するのか?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

turke

トルコと日本の長年にわたる友好関係をテーマにした映画。日本人とトルコ人の物語に涙無くしては観ることができない!?

 

スポンサーリンク


 

海難1890のあらすじ

物語の舞台は1890年、和歌山県の串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた、軍艦エルトゥールルが座標して大破してしまう。500名に登る乗組員は、暴風雨に飲まれ命を落としてしまう。

そんな状況下で、元紀州藩士であり医者の田村本貞は、助手のハル達と力を合わせ、救援活動に乗り出す。1985年、イラン・イラク戦争の最中、日本は危機的状況を理由にイランに居る日本人の救出を断念する。その時トルコ政府は、日本の為に立ち上がる決意をする。

 

▶︎チャーリーとチョコレート工場の子役の現在とあらすじ!お菓子は本物だった!?

 

海難1890 トルコを始め海外の反応は?

本作品は日本とトルコとの合作で製作された映画になります。しかもあの安部首相の全面バックアップという事から、注目度も必然的に高まりました!

物語の鍵となる「エルトゥールル号遭難事件」を軸に、日本とトルコの友好関係125年という中にある、私たちも知らない物語を映画として描いています。

安部首相は、トルコのエルドアン首相とともに海難1890を成功させる会を結成し、最高顧問に安部首相は就任しています。このことから国家級のプロジェクト、注目度が伺えます。

 

スポンサーリンク

▶︎ジュラシックパーク恐竜の名前一覧と子役の現在が…映画のあらすじはこちら!
 

海難1890のキャストについて

日本とトルコの合作ということもあり、日本の俳優、女優だけにとどまらず、トルコの俳優ケナン・エジェやアリジャン・ユジェソイも登場する。主役の医者・田村元貞を演じるのは内野聖陽さん、そしてその助手を務めるのは忽那汐里さんになります。

忽那汐里さんは本作品で一人二役を演じ、その演技力からトルコの現地スタッフからも絶賛されたそうです。演技力が高いだけでなく、見ているだけでハートに伝わってくる女優、いずれ海外で活躍すると、評価も上々!

その理由の一つに忽那汐里さんの類稀な、英語力があるでしょう。14歳まで豪州で育った忽那汐里さんは、英語がペラペラ、そのうえ日本語も喋れる事で、現地のスタッフともしっかりとコミュニケーションが取れ、演技にも生かされたのだと思います。

忽那汐里さんの英語力は、映画BECKでも披露されてかなり上手だったのが、印象深いです。
 
▶︎007スペクターのあらすじネタバレと感想!ボンドガールや大破した車の値段は億越え!?

 

海難1890の感想

映画を観終わった後、涙が知らぬうちに溢れていた。私はこの時代を生きてきたわけではないが、日本人の優しさそしてトルコ人の優しさが凄い伝わってきた。

またトルコ人の俳優のケナン・エジェの演技が素晴らしく、内野聖陽さんでも忽那汐里さんを完全に超えていた・・・もちろん二人の名演技も素晴らしかったですが。

特に後半のシーンでグッときました。

 

▶︎007スカイフォールのあらすじ・ネタバレ!ボンドガールが想像以上にセクシーだった!


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ