貞子vs伽椰子のあらすじ・ネタバレ!結末を予想考案!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

「呪いのビデオ」の貞子と、「呪いの家」の伽椰子が共演する作品です。

貞子と伽椰子が共演したら面白いのではないか!?といった企画から、今回の作品になったそうです。

sadako

貞子vs伽椰子のあらすじ

貞子は「呪いのビデオ」を残しました。

この「呪いのビデオ」を知らずに見てしまった人が一週間に辿る運命から、その呪いを解くために奔走する人が描かれます。

伽椰子は、昔の強すぎる片想いを記したノートが原因となり、平穏な生活が夫の手により終わりを迎え、息子とともにそれまで暮していた家で人を呪う存在となります。

貞子の「呪いのビデオ」、伽椰子の「呪いの家」の要素を取り入れた貞子vs伽椰子では、ビデオと山本美月さん演じられる有里が、呪いの家と玉城ティナさん演じられる鈴花が関わります。

有里は、大学の友達の夏美が中古のビデオデッキを購入し、ビデオをDVDに入れる作業を手伝うことになりました。

中古のビデオデッキには、ビデオテープが入ったままで、それを夏美だけが見ました。

ビデオを見た人には48時間後に呪われると知った二人は、オカルトに詳しい教授に助けを求めます。

一方引っ越してきた高校生の鈴花は向いの現在誰も住んでいない家がありました。

新しい学校の友達に聞いたところ、その家は呪いの家だということでしたが、鈴花はその家が気になります。

「呪いのビデオ」、「呪いの家」と関わった有里、夏美、鈴花は、一人の霊媒師の案により、「呪いのビデオ」の貞子と「呪いの家」の伽椰子を戦わせるという場に立ち会うことになります。

スポンサーリンク

貞子vs伽椰子の結末のネタバレを予想考案

貞子vs伽椰子は映画館での4Dで楽しむ作品になっていますので、二人の激しい攻防戦が繰り広げられる中で、映画館で実際にその場にいるような感覚を楽しめるのではないか、と思います。

振動や風、水などにより、リアルに映画の世界を体感できるのではないでしょうか。

恐らく、二人のどちらかだけが圧倒的な勝利、という結果にはならないと思います。

それぞれの力を次第に強くしていき、紆余曲折の攻防戦を繰り広げた後に事態が収拾する展開になるのではないでしょうか。

ただ怖い映画ですので、完全にスッキリ、という感じではなく、何かしらちょっと怖い要素をラストに匂わせると思います。

別々のストーリーの登場人物である二人が共演したら!?という企画の実現された作品だけに、怖い作品ではありますが、「面白い」という発想もかなり含まれています。

そういった「面白い」対戦と、独特の世界観の融合という点も見所になりそうです。

▶︎クリーピー映画のあらすじと感想!前川裕原作の小説の結末は×××だった

貞子vs伽椰子の感想

貞子も伽倻子も両方見ていたら、vsとなるともはやギャグ?って思ったけど、ホラーなので怖いけどいろんな意味で楽しめました。特に後半が・・・貞子よりも伽倻子よりも人間が一番強いということでしょうか!?

▶︎ヒメアノール映画のあらすじやネタバレ!森田剛の演技がヤバイ!


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ