超高速!参勤交代のあらすじネタバレ!リターンズの公開はいつ?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

「えっさー、こらさ」の掛け声とともに、田園風景を駆け抜ける湯永谷藩の一行。予算、時間大幅削減の参勤交代映画です。

sankin

超高速!参勤交代のあらすじネタバレ

湯永谷藩の藩主内藤政醇は、参勤交代からようやく戻ってきました。帰ってきたら何をしたいかと嬉しそうに語り合う一行。政醇は農民から大根を受け取り、そのまま味を確かめます。湯永谷藩では、大根の漬物も江戸に献上しています。

その頃江戸では松平信祝が、湯永谷藩が金山を隠していると言い、再度江戸に参上させようと訴え、湯永谷藩は再度江戸へ呼ばれることになりました。

政醇はトイレでも戸を少し開け、参勤交代でも籠に乗れない閉所恐怖症です。湯永谷藩での生活をゆっくり堪能しようとしたところ、再度江戸に来るよう言われ、驚きます。

しかも五日以内と期限つきです。通常の参勤交代は八日かかり、費用も三百八十二両かかるとのことで、足りません。

家老の相馬は、これまで政醇が苦しい財政の中、飢饉に遭った磐城平藩に米を送ったことなどを挙げて政醇に小言を言いますが、政醇は明るく「金はなくともおぬしには知恵がある」と言うのでした。

湯永谷藩は宿役人のいる高萩宿と取手のみで大名行列を行うことにし、それ以外は走って行くことにします。この話を聞きつけた段蔵が道案内を買って出ました。一行は刀など重い武器を全て持たず、江戸に向けて出発します。

高萩宿では大名行列を行う50人を借りる予定でしたが25人しか揃わず、通った道を戻り何度か歩く策で、100人はいる大名行列に仕立てます。

次の合流地点を決め、牛久の宿に入った政醇はお咲という宿で働く娘に会います。

スポンサーリンク

▶︎火垂るの墓のあらすじ!節子と清太が亡くなったのは×××のせいだった!

信祝の送った刺客により、政醇、湯永谷藩の一行はそれぞれに窮地に陥ります。その頃こっそり姿を消し、豪遊していた段蔵は湯永谷藩から盗んだ金が古く細かいものであったことから、再び一行に加わり、刺客から助けます。

取手で政醇と一行は合流する予定でしたが、刺客に襲われて間に合わず、雇った大名行列をする人々が帰ってしまい、困っていたところへ、以前飢饉の際に助けた磐城平藩が通りかかり、行列を貸してくれました。

江戸では信祝が一行が間に合わないことを想定して待っていましたが、何とか一行は期限内に到着します。

実は信祝の今回の企みを見抜いた上で、徳川吉宗は参勤交代を言い渡していました。

段蔵は報酬を返し、以前政醇より渡された家宝の短剣だけをもらいうけます。

お咲は政醇の側室になります。江戸から帰る一行は、予算がなかったため、また走ることになります。

リターンズの公開は2016年9月10日です。

▶︎日本のいちばん長い日は本当に実話なのか?あらすじや感想のまとめ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ