映画・青空エールのあらすじと感想!モデルとなった白石高校の実力は?

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

スポンサーリンク

映画・青空エールのあらすじ

aozora

物語は北海道札幌白翔高校の入学式から始まります。

つばさはつい足元を見てしまう内向的な性格ですが、大きな目標を持って白翔高校に入学しました。白翔高校は野球と吹奏楽の名門校です。ずらりと並んだトリフィーを眺めつつ、友達に無理だと言われた吹奏楽部に入る意志を再確認するつばさは、前に立つ背の高い男の子に「野球」と声を発してしまいます。

謝らなければと思ったつばさでしたが、男の子は笑顔で「野球だよ」と応じてくれました。つばさがブラバンをやりたいと言った時の「へえ!!」という新鮮な紅潮した表情と大きな背中が印象的でした。

男の子は同じクラスの山田大介でした。クラスには同じ中学校から進学してきたバスケ部出身の利発な陽万里がいて、友達になります。大介は新学期の自己紹介に笑顔で「甲子園行きます」と言うのでした。

厳しいことで有名なブラバンに入部希望で見学に行ったつばさでしたが、厳しそうな顧問の先生にトランペットが希望だと伝えると、入部届けとともに硬い風船を渡されます。中学時代に10キロを走り、腹筋していたという陽万里は訳なく風船を膨らませ、その日からつばさは基礎体力をつけるために走り、腹筋を始めます。

一人ブラスバンドに入るためにトレーニングをするつばさに会った大介は、つばさに「がんばって」と言ってくれました。野球部での厳しい練習でも上を向いている大介の姿に、つばさはがんばろうと思えるのでした。

その後、どうしてつばさが白翔にきたのかを大介が聞き、つばさが小学生の時に見た白翔高校が甲子園出場をした際の試合で、吹奏楽部が演奏で応援していた光景を話します。大介もその時の試合を覚えており、つばさは話を聞いてくれた大介の存在に力づけられます。

甲子園を目指す大介と、吹奏楽部でコンクールメンバー入りを目指すつばさは、励まし合いながら成長していきます。

一年生、二年生と学年を重ねる中で、大介がレギュラーから外される、つばさがコンクールメンバーに入れなくなる、などの試練も乗り越えていきます。

それぞれの夢に向かって努力し続け、励まし合う大介とつばさは、やがてお互いを友達以上の存在として捉えるようになります。

スポンサーリンク

▶︎映画ホットロードのあらすじ結末ネタバレ!登坂広臣の演技力は?

モデルとなった白石高校の実力は?

モデルとなった白石高校の吹奏楽部は、平成24年、25年続けて全国大会出場を果たしており、これまでにも何度も全国大会出場を果たしている高校です。尚、7月に行われた白高祭でステージ発表が行われました。白高祭には、大介を演じられる竹内涼真さんがサプライズ訪問されたそうです。

▶︎東京喰種のあらすじと感想!実写化はいつ?什造のキャストは?

映画・青空エールの感想

しばらくお待ち下さい


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ