HEROネタバレ雨宮と久利生が別れた原因は雨宮の最後の言葉に全て隠されていた!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

HERO映画公開されて観に行かれた方も多いんじゃないでしょうか?そして気になるのは久しぶりに登場する雨宮と久利生の恋の行方ではないでしょうか?

ちなみに雨宮と久利生の恋の行方を知りたくない方は見ないでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

久利生と雨宮が別れた原因について

映画HEROでは大阪地検難波支部の検事として雨宮が登場します!前回のドラマでは雨宮と久利生の関係はそこまで定かにされていませんでした。

映画で久しぶりに登場した雨宮には1歳年上の弁護士の婚約者がいます。親が貿易会社を経営しているという超金持ちです。

雨宮と久利生が別れた原因等については、細かく触れられているわけではないのですが、多分仕事(検事)を優先した結果二人が別れたのではないか?と推測されます。

これは雨宮が久利生に最後に話す気持ちからそうではないかと!?

 

スポンサーリンク

 

▶︎HERO(映画2007年)のあらすじとネタバレ!松たか子と木村拓哉のコンビが最高!

 

雨宮が久利生に伝えた言葉とは!?

hero

http://nami-machi.net/2015/07/21/1308より引用

物語の中で久利生はダンプに轢かれてしまいます。それを介護していたのは事務官の麻木ではなく雨宮でした。麻木は雨宮に久利生の事を好きだったのか?と尋ねると雨宮の返答は「好きだった」ということでした。

つまり昔は好きだったが・・・ということになります。

しかし看病をしている時点でこの時も久利生に対して恋愛感情は持っていることがわかります。

そして雨宮は自分の婚約者に電話をかけ結婚できない旨を伝えます。婚約者からは「他に好きな人がいるのか?」と尋ねられます。これに対して雨宮は「はい。それに検事としてまだまだやることがあるので。」と答えます。

複雑ですよね。麻木には「好きだった」と答え婚約者に「好き」と答える。しかし「検事としてやることがある」とも答えています。
これは麻木には「好きだった」と答えた本当の意味ではないでしょうか!?

そして婚約を破棄した雨宮は久利生と捜査を進めていく内にまた久利生のことが気に為り出します。それは久利生の検事として姿勢や考え方に刺激を受けたからでしょう。

そして最後に雨宮は久利生と二人で道で出会います。

雨宮は久利生が飛ばされた石垣支部に移動になったことを伝えます。久利生は自分が石垣支部にいた経験をアドバイスします。そして雨宮は久利生に対してこんな事を伝えます。

「私、久利生さんと同じ道を歩みます」

お互い歩き始めます。

つまり雨宮と久利生が別れた原因は恋愛よりも検事として一人前になることを取った結果だったのかもしれません。昔の雨宮はそれに気づかず理解できなかったでも検事となった今は久利生の気持ちがわかるようになったではないでしょうか!?

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ