HERO(映画2007年)のあらすじとネタバレ!松たか子と木村拓哉のコンビが最高!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

やっぱりHEROといえば木村拓哉さん演じる久利生公平と、
松たか子さん演じる雨宮舞子のコンビが最高ですね。

北川景子さんの麻木千佳とのコンビも良かったけど、
やっぱり雨宮とのコンビが最高ですね!

ではHERO2007度版の映画のあらすじとネタバレについてです。

 

スポンサーリンク

 

映画HEROのあらすじとネタバレ

常識にとらわれない検事・久利生公平。

東京地検城西支部から那覇地検石垣支部へと左遷、
その後は札幌地検、
そして山口西虹ヶ浦支部を経て
6年ぶりに東京城西支部へと戻ってくることになった。

舞子も久利生が戻ってくることに内心嬉しがるが、
素直に自分の気持ちを表現できない。

芝山が離婚調停中ということもあり、
久利生は芝山が担当していた事件を引き継ぐことになる。

犯人の梅林は今回の一件を全部認めており、
確認の為に現場に向かう久利生と舞子。

事件を改めて確認する。

自動販売機の前で被害者の里山と接触した梅林は、
口論となり里山に暴行を働いてしまう。

そして里山は縁石に頭を強打しそのままなくなってしまったのだ。

里山には婚約者のめぐみがおり、
話を聞きに向かう。

裁判が始まると梅林はそれまでの供述を一変させる。
容疑を認めていたはずの梅林が無罪を主張してきたのだ。

そして梅林を弁護していたのは、
ハーバードロースクール出身の超やり手弁護士、
日本一と言われている蒲生だった。

なぜ蒲生が梅林の弁護を引き受けたかというと、
大物代議士の花岡の収賄疑惑。

このアリバイの鍵を握っていたのが梅林だったのだ。

梅林が今回の事件で有罪になってしまうと、
花岡のアリバイが崩れてしまう。

その事をなんとしても阻止するために蒲生が、
梅林の弁護を担当する事になったのだ。

今回の事件の鍵を握るのが梅林が乗っていたとされる
「男魂」と書かれた車と判断した久利生と舞子は車の行方を突き止め、
韓国へと飛びます。

韓国の検事・カンと力を合わせ車の行方を追います。

しかしこれといった証拠は立証できませんでした。

特捜部の検事・薫はどうしても花岡の事を追い詰めたい!
その思いからか、
久利生に花岡の調書を渡します。

久利生は調書と現場調べ、
梅林の証人として花岡を呼び出す事を決めます。

花岡のアリバイを崩し、
梅林を立件しようとします。

花岡はゼネコンから1億円の賄賂を受け取ったとされる時間、
歯医者で治療を受けていたというのです。

その歯医者が入っているビルの警備員が梅林だというのです。

車で来て裏の駐車場に止めて
歯医者に向かった際に梅林を目撃したという花岡。

しかしその駐車場には4台のスペースがあり、
花岡が来たとされる時間はビル3階の住宅会社の車で3台埋まっていたのです。

梅林は男魂と書かれた車で出勤し、
花岡も車で歯医者に来たとされると駐車の際に矛盾が起きてしまいます。

そして久利生の仲間たちが決定的な証拠を持ってくるのでした。

それは梅林をビルで目撃したという同時刻、
男魂の車から火事を目撃している梅林の写真でした。

別の事件の連続放火魔がたまたま自分の携帯で写真を
撮影した中に入っていたのです。

これに対して花岡は捏造と叫ぶが、
蒲生は証拠として採用を認めます。

梅林は有罪となり、
懲役8年の刑をくらいます。

これに対して蒲生は控訴をすると伝えます。

最後にカンが去り際に「舞子を話すな」と
久利生は知り、
スペイン語で「離さない」とつぶやきます。

 

▶︎HERO映画2015公開!松たか子出演で盛り上がるけどあらすじは?

 

スポンサーリンク

 

映画HEROの感想

視聴率30%越えの超人気ドラマの映画化!
しかしキャストが驚くほど豪華です。

タモリさん他、
松たか子さんと松本幸四郎さんの親子共演。

まさに豪華だねぇ〜って感じです。

正直映画じゃなくてスペシャルドラマでもよくね?と
思ったのですが、
HEROのストーリー自体とても面白いのでついつい見てしまいます。

映画にしたので少しだらだら感が出ているような気もしたけど。

楽しく見れちゃう映画です!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ