残穢(ざんえ)のあらすじやネタバレ?キャストはかなり良いんじゃない!

→今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る

小野不由美先生原作の小説「残穢(ざんえ)」が映画化されます。

主演は竹内結子さん、

橋本愛さんということでキャスト的にも

かなり良いんじゃないか!?

と私的には思っております。

 

スポンサーリンク

 

残穢のあらすじについて

ではこの映画になる残穢(ざんえ)とは、

いったいどんな映画なんでしょうか?

主人公の作家の元に読者からある情報が来る。

作家があとがきで

「あなたの身のまわりで起こった不思議な話をぜひ聞かせてください」

ということを書籍に書いたからだ・・・

その情報は手紙で情報提供者が住んでいるマンションの

一室がどうもおかしいというのだ。

 

どうおかしいのか?というと、

誰もいない部屋から畳の上を擦る音がするという。

 

掃除のほうきで畳の上を履くような音がするのだ。

 

手紙を受け取った作家は、

この話に興味を示す。

なぜならこの話を別のところで聞いたことがあるからだ・・・・

 

今回送られてきた手紙の内容が、

以前にも数年前にも送られて来たのだ。

 

送られてきた住所を調べてみると・・・・

 

なんと奇妙な偶然なのか、

同じ住所だった。

 

作家は何かあると思い、

手紙の送り主に連絡を取り、

問題のマンションについて調べ始めた作者。

 

するとあることが判明する。

 

それは「短期間で退去していった住居者が多い」ことだった。

 

なぜ?作者は疑問に思う。

 

作者はさらなる調査の末、

この土地をめぐるある因縁と遭遇する。

 

しかしこの奇妙な出来事は、

それだけでは終わらなかったのだ。

 

なんとこの怪奇現象は、

マンションの隣の家でも起こるようになる。

 

それは誰もいないはずなのに聞こえる赤ちゃんの泣き声。

床を這いずり回る気配など、

マンションで起こっていた現象が起こっていたのだ。

調べていくうちに予想外の展開を迎えることに・・・

 

 

スポンサーリンク

 

残穢の感想

じゃっかんリングや呪怨に被るようなところもあるけど、

また違った怖さがある残穢。

 

竹内結子さんと橋本愛さんのW主演ということで、

どんな感じになるのか?

 

非常に楽しみです。

 

ミステリー作家の「私」を竹内結子さん。

手紙を送った久保を橋本愛さんが演じるようです。

 

竹内結子さんの恐怖の顔がどんなのか想像できないですね。

第26回山本周五郎賞をとった「残穢」楽しみです。

 

見る前は必ずトイレに行こう!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


↓ ↓ ↓

今すぐ気になる動画を2週間の無料トライアルで観る



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ